部門紹介

リハビリテーション部 Rehabilitation Department

多摩川病院では、明るく快適な療養空間のもと、365日、患者さんの生活・人生の支援と一日も早い在宅復帰を目指し、多職種協働による強力なチームアプローチを実践しています。リハビリテーション以外の時間もトイレ動作や食事動作などの生活リハビリテーションをしていただくことで、ADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)の向上を目指します。

リハビリテーション部の取り組み

1
すべての分野の
リハビリを
実施しています

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が疾患別リハビリにおいてすべての分野のリハビリを実施しています。

いろいろリハ
2
1日でも早い在宅復帰を
目指します

入院初期から、退院後は外来でのリハビリや訪問リハビリなど、継続的なリハビリで支援しています。

訪問リハビリテーション
3
食べる楽しみを
大切に

当院では食べる楽しみを大切にしています。医師指導の下、言語聴覚士や管理栄養士が中心となり、在宅復帰に向けて摂食嚥下リハビリテーションに取り組んでいます。

摂食嚥下リハビリテーション
4
ロボット
リハビリテーション

最新のロボットテクノロジーをリハビリテーション手段として活用し、障がいのある方に対して効果的なリハビリテーションを提供します。

ロボットリハビリテーション
5
多職種協働と退院支援
への取り組み

リハビリテーション効果を最大限に引き出すために、看護・介護の専門職と強力なチームを形成し、全力で在宅復帰へ向け支援いたします。退院にあたってはソーシャルワーカーやケアマネジャーと協力し、社会資源の活用や介護福祉サービスについて情報提供とご提案をいたします。

チーム医療
6
実習生の
受け入れについて

リハビリテーション部では、「平成リハビリテーション専門学校」をはじめとし理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の養成校から多くの実習生を受け入れています。

実習生の受け入れについて

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、「再び適した状態へ戻すこと」であり、単なる機能回復を目指すのではなく、心身共に障害をお持ちの全ての方々にとって、その方らしい生活へと回復していただくための手段です。当院では医師の指導のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が症状に合わせた治療プログラムをご提供しています。

理学療法

理学療法では脳卒中後の四肢の麻痺や転倒や交通事故の骨折による身体の障害に対して、運動療法や物理療法、各種器具を用いた治療にて身体機能の改善を図り、日常生活への復帰を目指します。

作業療法士

作業療法では日常生活の具体的な場面を想定した動作訓練や各種作業活動を通じて障害部位や神経系への刺激を促すことで、日常生活動作能力の獲得を目指します。季節に合わせた催し物(花見、クリスマス会、豆まきなど)の作品制作や入院されている患者さん同士が参加されての催し物を通して、精神面にもアプローチをしていきます。

言語聴覚士

コミュニケーションに関わる言語、聴覚、発声・発音などの障害に対して、それぞれの根本的な問題を精査し、問題点に合わせた各種訓練を提供しています。摂食・嚥下(飲み込み)障害に関しても、各種検査により問題点を明らかにして、食事の形態の再考を行いながら、可能な限り経口摂取を目指します。

主な対象疾患

  • 脳血管疾患
  • 上下肢の複合損傷、脊椎損傷による麻痺
  • 体幹・上下肢 の外傷、体幹・上下肢の骨折、切断・離断(義肢)、運動器の悪性腫瘍など
  • 関節の変性疾患、関節の炎症性疾患