入院

入院費用について Prepare for hospitalization

入院費用のご案内

70歳以上・65歳以上で後期高齢者医療適用の方

対象者 限度額
低所得者 Ⅰ 月額15,000円
低所得者 Ⅱ 月額24,600円
一般(1割)
平成26年4月1日までに満70歳の誕生日を迎えた方
月額44,400円
現役並みの所得者(3割) 80,100円 +(医療費 -267,000円)×1%
年4回目以降 月額44,400円

注意事項

  • 後期高齢者医療被保険者証・高齢受給者証をお持ちの方は病院に支払う1ヶ月分の自己負担額の上限が決められています。
    お食事代・保険外分(差額ベッド代等は自己負担額には含まれません。別にお支払いいただきます。)
  • 自己負担限度額は、患者さんの所得により上位所得・一般所得・低所得に分けられています。

70歳未満の方

限度額適用認定証の申請が必要となります。

対象者 限度額
区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
年4回目以降 月額140,100円
区分イ
(標準報酬月額53万~79万円の方)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
年4回目以降 月額93,000円
区分ウ
(標準報酬月額28万~50万円の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
年4回目以降 月額44,400円
区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
57,600円
年4回目以降 月額44,400円
区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円
年4回目以降 月額24,600円

注意事項

  • 食事療養費自己負担分や差額ベッド代および診断書料金などの保険診療外の費用は自己負担限度額の対象になりません。
  • 各区分の計算式により、定められた上限金額を超過しない場合は適用となりませんのであらかじめご了承ください。

入院費用のお支払い

請求日
翌月15日頃
お支払い日
請求日 ~ 末日
受付時間
午前8:30 ~ 午後5:00
お支払い場所
1階 入院会計窓口

備考

  • 入院料その他、入院中に要した諸費用は、原則として毎月末締とします。
  • 退院日の会計については、医療費計算後お知らせいたします。
  • 特別室および個室の利用をご希望の方は、別に定める病室の室料差額をいただきます。
  • 限度額認定証をお持ちの場合は、速やかに総合受付にご提示ください。入院費のお支払い金額が1ヶ月あたりの自己負担限度額まで(保険外診療・食事代を除く)となります。
  • 窓口でのお支払いが難しい場合は、銀行振込もお受けいたしております。
  • ご請求額の合計金額が1,000円以上の場合は、クレジットカードをご利用いただけます。くわしくは総合受付へお問合せください。

高額医療費制度

70歳未満の方の入院にかかる医療機関での窓口支払金額は「限度額適用認定証」を提示することにより自己負担限度額(月額)までとすることができます。
下記にて、「限度額適用認定証」の申請・交付を受けてください。

対象者
70歳未満の医療保険加入者で入院中または入院予定がある方。
手続方法
  • 国民健康保険にご加入の方はお住いの市区役所保険年金課へ
  • 社会保険にご加入の方は各健康保険組合へ
  • 協会けんぽにご加入の方は各県の全国健康保険協会支部へ

備考

  • 認定証は申請・交付された月から適用になりますので、入院される際は必ず1階受付でご提示ください。
  • 入院日までに手続きが間に合わない場合は申請中であることを申告してください。認定証は届きしだいのご提示をお願いいたします。